ゆとり

アイドルオタクをこじらせる日々。

2016年現場記録

今更ながら、昨年度の現場記録を書き残しておこうかなと思いまして。下手したら一年前とかなので、記憶がおぼろげですが、いつか残したいなら今がいちばんのチャンスだなと思ったので!ジャニーズ関係なくいろいろ残しておけたらいいな。ちなみに2015年は宝塚に一度行ったくらい、それより前の人生は2年に1回程度クラシックのコンサートか劇団四季を嗜む程度でした(それもあまり興味はない)。

 

 

・滝沢歌舞伎2016(5月)

私の滝翼FCの最初で最後の大仕事。(ふたり旅ツアーのために入会して、その後更新はしなかった)

歌舞伎どころかジャニーズ系現場自体がはじめてだったので、ドキドキしながら入りました。いざ始まってみればいきなりバレエダンサーが現れるし、なにやらよくわからない殺陣やホラー朗読劇が始まるし(通路脇だったので突如現れる貞子に本当にびびった)、歌舞伎っぽいものが始まったかと思うと休憩に入るしで意味の分からなさにとにかく圧倒された。休憩時間に「すごい!まったくわからない!二部どうしよう!!」という話で盛り上がったのに、二部は普通のコメディお芝居が始まって安心したやら拍子抜けやら。とても面白かったです。帝王三宅健は存在した。

 

 

・Hey!Say!JUMPライブツアー2016 DEAR 宮城公演(7月)

本当に突然行くことが決まった、はじめてのコンサート。2日前に「いきたい」という話をし、前日にたまたまチケットを譲ってもらうことができ、動揺と興奮のまま慌てて双眼鏡と化粧品を買い込みました。
本当に初めてのコンサートで、自分が誰が好きかも分からなくて、物販も「どうしよう誰のなにを買おう……」と言いながら山田と薮くんのお写真を買いました。
席はメインステージの真横・スタンド上のほう。遠い席だと思っていたし、そのくらいがちょうどいいと考えていたんだけれど、入ってみたら意外と近くてびっくりした。髙木ややぶくんがすごくマメにこっち側に向かって手を振ってくれたりしたのが印象的でした。アンコールでトロッコが来たときは近さにもっとびっくりしたし、最終的に「ゆうやーーー!!」って言っちゃうくらい好感度あがった。怒涛のように歌って踊るので全然脳みそがついていかなくて、終わった直後に記憶をなくして「マスカレード歌ったっけ?」「OPで仮面つけてたの?本当?」「今すぐDVDで確認したい」という感じ。感覚的にはあっという間だったのですが、その後おそらくコンサートが原因で膀胱炎になりました。

 

 

・We are KinKi Kids Live Tour 2016 宮城公演(10月)

縁あって、同世代の友人ではなく目上の方に同行させてもらうことになったコンサート。はじめてのアリーナ席でしたが、花道もセンステもない構成だったので、ひたすらに前の人の頭を気にする感じでした。でもすごかった…。
少女漫画の白王子様が好きなので、外見は光一くんかな~と思っていたのですが、つよしくんがなんだか楽しそうにやってる姿なんかを見ると「ああいいな」って思ったし、なによりも二人で並んで歌っているところが最高によかったです。どっちかでなく、どっちもいてこそだなあ。
じゃんぷコンの数倍はMCで喋るし、ソロコーナーも長いし、ダンサーわらわらいるし、花道ないし、同じジャニーズのコンサートでも全然違うんだなと実感しました。ちゃんと剛くんが美味しいと言ったずんだシェイクを飲んで帰りました。

 

 

・舞台プリンス・オブ・ストライド(通称プリステ) 東京公演(12月)

ジャニーズではない舞台。はじめての2.5次元でした。原作のゲーム・アニメがとても好きで、正直最初に舞台化発表されたときは「舞台か~~~い」と思ったのですが、見てみたらとてもとても面白かった。前から3列目だと小道具の詳細も俳優さんのムダ毛も香水の匂いも感じることができるのだと初めて知りました。
東京まで出るのだって安くない交通費がかかるもので、エピソード4までやるよ!と聞いたときは割と絶望的な気持ちになったのですが、今では楽しみで楽しみで仕方ないです。
チケット申し込みは滝沢歌舞伎とじゃんぷコンの間のあたりで、推しも定まりきってない頃だったんですが、やぶひかを見た数か月後のタイミングで鮎川太陽さんを見ることになるとはなんだか勝手に運命的なものを感じたりしました。(やーやーやー世代)

 

 

・原宿ジャニーズショップ(3月)

ここにきてまさかの初ジャニショ。主に女性を中心とする集団が公園に集められ、言われるがままに警備員に連れられてた先は建物の地下。そこでは美少年たちの写真を眺めては黙々とチェックをつけ、今度は地上に上がるための列に並び、地上へと出て建物に入るとそこにはもはやレジと列しか無く、アラーム音が響くなか黙々と並ぶ……。「レジ打ちがやばい」とか噂には聞いていたけど、想像を絶する異空間だった。異空間っぷりに逆に冷静になって財布の紐が固かったの、あとから考えるとじわじわ面白い気がする。

 

 

 

 以上、想像以上にはじめて尽くしだった2016年でした。

最初に書いた通り、基本的に舞台やライブに縁のない生活を送ってきていて、家でネットしてアニメ見てゲームして生きてる、映画すら全然いかない人間だったので、本当にどうしてこうなったんだろう…?ってわけの分からない気持ちになっています。
もっと色々思ったことや起こったこと、思い出せることがあるような気がするので、あとで加筆したり、長くなったら別記事に書いておいてもいいかもなと思ってます。

2017年も、既に2回目のプリステを見たり、まさかの大運動会に行ったり、まだまだいろいろありそうなので、ちまちま感想残しておきたいです。